【一人暮らしを始めたら】自炊で節約!食費を抑えて「おいしい」方法

一人暮らしや同棲を始めた若い男女にオススメな【食費】を無理なく、楽しく、節約する方法を紹介します。

外食は意外と高くつく!ということは、春から実際に実家から離れて生活した方々は感じているはず!

かといって、「節約しよ~!」と、安いもやしばっかり食べる生活も楽しくないし、食材が余りがちですよね……。

ちょっとした買い物の時の工夫で簡単に食費は抑えることができるんです。

無理なく、楽しく、料理するころが楽しくなるような節約術はたったの2つです。

1.食材は安いものを買って冷凍保存する

スーパーには必ずその日のお買い得な野菜が売ってます

例えばいつも98円のニラが、今日は60円だったり、

お肉がいつもよりお買い得だったり……と。

大きな野菜やお肉買っても余しちゃうな、と思わず、購入してください!

そして家に帰ったら、すぐに使いやすい大きさに切って冷凍保存してしまいます。

冷凍するとある程度保存がききますし、使いたい分だけ取り出すこともできるので

余して腐らせちゃうこともありません。

個人的に冷凍ストックにおすすめ食材はこちら。

・ニラ…3センチ幅くらいに切って冷凍。

お肉と一緒に炒めてもよし、そのままラップでチンして卵黄とめんつゆをかければ立派なおつまみにも!

あまり冷凍しても風味が変わらず、おいしくいただけます。

・豚バラ肉…パックのまま、冷凍庫をボーン!また凍ったまま料理してもすぐに火が通るので時短にも。

・白菜…こちらも適当な大きさにカット。炒め物よりも、スープや味噌汁、クリーム煮などに向いています。

・玉ねぎ…みじん切りにして冷凍保存。ひき肉を合わせてハンバーグ、餃子、市販のパスタソースにレンジでチンした玉ねぎを混ぜてもおいしいです。

2.ご飯は一気にたく

一人暮らしならば、小さな炊飯器(3合まで)が多いはず。また「そんな1合だけたいてもあまるしな…」と思わず、一気に3合炊いてしまいましょう!

余ったご飯は冷凍保存しておけば、チンするだけでいつでもご飯が食べれます。

冷凍ご飯がおいしくない…と感じる方は、炊くときに少しだけお酒を入れてみてください。

冷凍してもふわっとしたおいしいご飯になります。

または、炊き込みご飯を炊いて冷凍しておいても、便利です。

白いご飯はおかずを用意しなきゃ…となりますが、炊き込みご飯ならそのままパクパク食べれます。

ちまちま炊いても電気代がかかりますし、炊くなら一気に!炊きましょう。

以上です。

どちらも毎日やるのは疲れちゃうので、週末に買い物して料理する前にやることがオススメです。

食材を切ったりするのは手間ですから、先に切って保存することで

きっと料理も前向きに楽しく挑戦できるはず!

ぜひみなさんも冷凍保存をうまく活用して、自炊ライフで食費を抑えていきましょう。