暖房を付ける時間を減らして節約する方法

ずいぶんと寒くなり、暖房にお金がかかる季節になりました。

私は、暖房をつけるのがもったいないものでリビングのソファーに毛布を1枚置いています。

今まではひざ掛けを使用していましたが、ひざ掛けだけでは我慢できず結局暖房に頼ってしまっていたんですね。

でも、毛布をひざ掛け代わりにすることで、暖房の使用時間をずいぶんと減らすことが出来ました。

毛布はひざ掛けよりもとても分厚いです。なので保温力があり暖かいですね。

大きさもひざ掛けよりも大きいので、寒い時は肩まで毛布をもって来ることができます。ソファーに横に2人並んでも、1枚だけで2人ともの膝にかける事が出来るので、とても便利なサイズだなと思います。

足元を暖かくするだけで体感温度がグンと上がり、昼間であれば暖房なしで十分に我慢することができます。

少し暖かい日は夜も暖房なしで過ごすことが出来ます。

とても寒い日の夜などは、さすがに我慢できずに暖房をつけてしまいますが、ひざ掛けで対応していた頃に比べるとずいぶんと暖房をつける時間が減り節約になっていると思います。

暖房を付けないことで、部屋の乾燥も気にならないので女性は特にお肌の為にもいいのかなと思います。お肌を乾燥させないことで、スキンケア商品の節約にも繋がると思っています。