光熱費を削減して無理なく節約生活

私は光熱費の節約を意識した生活をしています。

こまめにコンセントを抜く、炊飯器でご飯はまとめ炊きする、電球を不要な部分は取ってしまうなどの、ちょっとした工夫を積み重ねると、一ヶ月の電気代を大きく削減することができます。

特に待機電力とは大きいものなので、長く家を空ける際はエアコンやテレビなど、普段抜かない電源も抜いて、徹底的に節約しています。

水道代も節約を意識していますが、基本的に湯船にはしっかり浸かりたいタイプなので、毎日お風呂は溜めています。

残り湯は洗濯の洗いに利用したり、トイレ掃除や風呂掃除などで使ったりしています。

丁度ぬるま湯で汚れも落ちやすい温度であるために、掃除にはもってこいで一石二鳥です。

また、夏場や冬場はどうしても冷暖房が欠かせない季節ではありますが、エアコンの電気代は本当に高いものです。

そのため、夏はなるべく扇風機を併用して効果的にエアコンの冷風を感じるようにすることであまり低い温度設定にならないようにし、冬場は厚着をしたり、掛け布団を普段から掛けることで、極力エアコンの力を借りないように意識しています。

一つ一つは小さなことかもしれませんが、積もり積もると大きな節約になるのでオススメです。